確信がないのに疑わないこと

旦那の浮気の見分け方 > 日頃の心得 > 確信がないのに疑わないこと

確信がないのに疑わないこと

旦那が浮気をしているんじゃないか?と疑ってしまうような行動を取っていることがあったとしても、決定的な証拠がない限り「浮気をしているんじゃないの?」と追い詰めてはいけません。

浮気が本気になる前に、早めに手を売っておきたいという気持ちも分かるのですが、万が一、万が一ですよ?浮気なんてしていないのに、奥さんから浮気をしているんじゃないか・・・と疑われてしまった男性は、プライドと傷つけられたことになります。

「俺のことなんて信用してないんだな」と思わせてしまいます。

そこから本当に浮気に走ってしまう可能性も十分にあるので、「もしかしたら・・・」と思っても、すぐ疑ってしまうのはやめましょう。

旦那を追い詰めちゃダメ

img03.jpg もしかしたら浮気をしているんじゃないか?と疑ってしまうようなことがあったとしても、何度も何度もしつこいくらいに「浮気をしているの?」と問いただしてはいけません。

これは逆効果です。

旦那を追い詰めることに繋がるので、「もう半分ばれているようなものだから、何をしたっていい」とヤケになってしまう人もいます。

それに「浮気をしているんじゃないか?」と疑いを持つことは、浮気をしてしまうようなレベルの低い人間なのね、と言っているようなものです。

流石に浮気をしているというしっかりとした証拠があるなら話は別ですが、疑いと言う程度なら、あまりしつこく聞いたりせず、違った方法で浮気をやめさせて自分のところに戻ってくるような対策を採るようにした方が、賢い女性ですよ。


関連記事

  1. 何があっても信じきること
  2. 確信がないのに疑わないこと
  3. 旦那に言ってはいけない言葉