旦那さんへの「信頼アピール」が浮気抑止に効果アリ

信じてるという気持ちの伝え方

「男は浮気をする生き物だから、浮気の一つや二つはしかたない」「浮気は男の甲斐性」などという人もいますが、誰だってパートナーに浮気をされたくないのは当たり前のこと。

また、「ウチの旦那に限って、浮気なんて・・・」とタカをくくっていると、その事実を突きつけられた時に立ち直れないほどのショックにみまわれるかもしれません。

そんな悲しいことにならないように、妻の立場から旦那さんに浮気をさせないような対策を講じておくことが必要なのです。

旦那さんの浮気抑止に最も効果的であるのが「旦那さんに対する信頼感をアピールすること」です。これはどういったことなのか、具体的にご説明しましょう。

自分を信頼してくれている人を裏切れない

人と人のつきあいはお互いの信頼関係の上に成り立ちます。自分を信頼してくれる人に対しては自分も心を開き、相手への信頼感が自然と芽生えてくれるもの。

それは夫婦間でも同じことが言えます。

妻が自分のことを心底信じて、頼ってくれていると思うと、その信頼に応えなければならないという義務感が生まれ、「裏切ることはできない」という気持ちになるものです。

もともと旦那さんが浮気などしていない場合は今後の浮気抑止に役立ちますし、万一、本当に浮気をしていたとしても、「裏切っている自分をこんなに信じてくれている」という罪悪感にさいなまれ、浮気をやめて心を入れ替えるきっかけになるのです。

ふだんから「頼りにされている」と思わせる

男の人は、人から頼られると嬉しいもの。頼りにされるとそれだけ自分が大きな人間になったような、なんとも心地よい感覚になるのです。

些細なことでも、「これどうしたらいいと思う?」「教えて欲しいんだけど」と、常に旦那さんに聞いてみるようにしましょう。

「自分で調べろよ」と言われたら、「あなた物知りだしから頼りになるし、なんでもあなたから聞くとわかりやすいのよね」と、いつも旦那さんを頼りにしていることをアピール。

旦那さんがめんどくさがる態度をしたとしても、それは格好つけているだけで、内心はまんざらでもないはずです。

そのうち、「俺がついてないと本当にだめなんだな」「守ってあげなければ」という意識が高まってくるでしょう。

旦那さんの言うことにはとりあえず肯定

旦那さんが意見してきたことには、まずは「ウンウン、そうだね」と肯定してください。

男の人は、意見を否定されるとイヤになって話をしたがらなくなる人が多いのです。逆に自分の話を否定せずに頷いて聞いてくれる人には心を開きます。

たとえ、自分の考えと真逆のことを言ってきた場合でも、速攻で否定するのではなく、話の全てをじっと聞いてあげて、いったん「そうね」と受け止めてあげましょう。

そのあと、なるべく否定的な言い方を避けて自分の意見を伝えるようにします。意見は逆でも心は常に旦那さんに寄り添っていると言う雰囲気を伝えることが大切です。

「嬉しい」「ありがとう」は大げさめに伝える

旦那さんが何かしてくれたことに対して、つい「やるのが当たり前」などと思っていないでしょうか。

確かに、家のこと、子供のこと、なんでも夫婦2人でお互いに協力しあうのが当然なので、やってくれるのが普通、やってくれないほうがおかしいんだと思う気持ちはわかります。

でも、当たり前のことでも、旦那さんが何かやってくれたら「嬉しい、ありがとう」と言う気持ちをしっかり表現してあげることが重要なのです。

例えば、ゴミの日に自分から率先して捨てに行ってくれた、仕事帰りに買い物をしてきてくれた、そんななんでもないことに大喜びしてくれたあなたを見て、旦那さんはおそらく「えっ、こんなことがそんなに嬉しいのか」と少し驚くかもしれませんが、決して悪い気はしないでしょう。

思いもかけずに大喜びしてくれたあなたに愛しい気持ちがこみ上げてくるに違いありません。

そして「また喜んでくれることをしてあげたい」と思ってくれるのです。これも、お互いの信頼関係が深まることを意味しています。

旦那さんを労わる気持ちを強くアピール

例えば、旦那さんの帰宅が予定外に連絡もなしに遅くなったり、休日に行き先も告げずに1人で外出してしまったりと、疑わしい行動をとっていたとします。

その時、妻がイラついたり不機嫌になったりして、旦那さんを問い詰めたり叱咤したりしては、夫婦仲に亀裂を生じさせる原因になってしまいます。

たとえ心中はメラメラと怒りがこみ上げていたとしても、それをぐっと抑えて表面に出さないのが賢明な対処法です。

感情のままに「こんなに遅くなるなんて、まさか浮気なんてしてないでしょうねぇ」などと愚痴るのはもってのほか。

旦那さんに対して1ミリの疑いもかけていないと思わせることがポイントです。

「残業や休日出勤で忙しくて大変そうね。毎日お疲れ様。でも体だけは心配だから無理はしないでね。あなたにもしものことがあったらそれこそ大変だから」と、あくまでも旦那さんを信じ、労わっていることを強調しましょう。

健康を心配していることをアピールすると、自分を大切に思ってくれていることがすぐに伝わり、効果的です。

表面だけでなく、本当の意味で信頼する努力を

「信頼されている」「体を心配してくれている」「自分のことを大切に思ってくれている」それをわからせることで、旦那さんの裏切り行為はなくなり、妻を大切にしなければという男性本来の「女性を守る本能」が目覚めます。

ただ、心の中で全く信頼していないのに表面だけを繕おうとするとボロが出てしまい、かえって関係が悪い方向に行ってしまうこともあるので要注意。

表面だけではなく、相手を本当に信じよう、感謝しよう、大事にしよう、と常に心に留めておくようにすると、いつしかそれが本物になりますよ。

関連記事

夫に言ってはいけない言葉

浮気の原因を招く。夫に言ってはいけない言葉とは?

夫の浮気の予防策

夫の浮気、その予防策は逆効果かも!? 束縛よりも解放がオススメ

NO IMAGE

確信がないのに疑わないこと

浮気しやすい男性の特徴

浮気しやすい男性には、こんな特徴があった!旦那さんは大丈夫?