浮気調査にかかる費用。相場はいくら? 安くする方法もある

浮気調査に、いくらかかる?相場観を紹介

旦那さんが浮気をしているかもしれない。その可能性が十分にあると確信しているものの、確たる証拠がなければ問い詰めてもシラを切り通されるかもしれません。

離婚話を進めるにしても、こちらが優位に立つためには浮気の証拠が必要です。しかし自分で証拠を集めるのは至難の業です。

そんな時に頼りにしたいのが興信所。本職の探偵さんなら、数日間の調査で浮気現場の写真をしっかりゲットしてくれるはずです。

ただ、気になるのは浮気調査にかかる費用。興信所に浮気調査を依頼するといくらぐらいかかるものなのか、だいたいの相場を知っておきたいものです。

浮気調査の費用の相場は約30万から60万円

浮気調査の費用の相場は、興信所の規模や依頼内容によって大きく異なってきますが、ざっくりと、30万円から60万円ほどと思っておけば間違いないでしょう。

浮気調査は平均的に3日~5日間ぐらいの日数で行いことが多いようです。浮気調査では、旦那さんの行動を監視し、浮気をしている現場を押さえて証拠となる写真を入手することが目的となります。

つまり、ターゲットの尾行がメインとなる調査です。尾行調査の場合、歩行者の多い場所や通勤ラッシュ時の電車内などでは1人だと見失ってしまうことがあるため、通常、調査員の数は複数人を用意します。

また、逆に人の少ない場所だと今度はターゲットに尾行が気づかれてしまう危険があるため、途中で調査員の交代をする必要が出てきます。つまり1件の浮気調査でも、それに関わる調査員の数は2人~3人となるのです。

仮に、1日5時間の調査を調査員2人で5日間続けたとします。調査員1人当りの時給が1万円とすると、5時間×10,000円×2人×5日間で合計が50万円。これに交通費・諸経費などの実費が10万円かかるとして、総額が60万円ということになります。

浮気調査の料金体系は大きく3種類

浮気調査の料金体系については、調査会社の独自の料金プランを設定しているところも多いようです。

ここでは、一般的に見られる「成功報酬制」「時間制」「パック料金制」の3つのパターンについて見てみましよう。

成功報酬制

調査にかかる諸経費や雑費を含めた着手金を支払い、調査が成功した場合にのみ成功報酬を支払うというものです。

浮気調査の場合、浮気の証拠となる写真や音声などを手に入れることが成功報酬を支払う対象となります。

調査をした結果、浮気の事実が出て来なかった場合などは、着手金のみの支払いとなります。着手金の相場は10万円~20万円といったところでしょう。

時間制

調査にかけた時間×調査員の数によって料金が決められるものです。このプランには通常、最低調査時間というものが設定されているので、その最低時間以上であれば希望の時間数と調査員数での依頼が可能です。

料金相場としては、調査員1人当り1時間の単価は10000円ほど。ピンポイントで短い時間だけ調査したい場合には割安となるのでおトクです。

浮気調査にかかる平均的な調査時間は20~30時間ほどなので、調査員2人で行ったとして費用は40万円~60万円となりますが、証拠が取れるまでにズルズルと時間がかかってしまった場合には総額料金が高くついてしまいます。

パック料金制

調査時間や調査員の人数、その他さまざまな内容の違いにより料金設定が異なり、その中から自分で選ぶことのできるシステム。

パック料金制の場合は若干高めの料金設定になっていますが、定められた定額以上の費用はかからないため、追加費用の心配がなく安心して調査結果を待つことができます。

しかし、依頼後のキャンセルが発生しても契約したパック料金は戻ってこないことが多いので、トラブルにならないよう事前に確認しておきましょう。

事前の下調べで、調査費用は安くなる

浮気の可能性があると確信しても、その下調べを全くせずに調査を依頼した場合と、ある程度のしっかりした情報が確保できている場合とでは、浮気調査の効率がかなり違ってきます。

浮気相手の顔写真が複数種類あると調査員が相手を間違えることなく特定できますし、旦那さんの休日、毎日の行動パターンなどもわかっていると調査日程をピンポイントで絞りやすいので、調査時間の短縮=料金の節約につながります。

調査依頼の前に、旦那さんがいつ、どこで何をしていたかをわかる範囲で1週間ほど記録しておきましょう。行きつけの飲食店などもわかると調査に役立ちます。細かい行動が把握できなければ、朝に家を出た時間、帰宅した時間だけでも残しておくと良いでしょう。

浮気調査費用は、最低でも50万円は用意しておく必要あり

浮気調査の費用はできるだけ安くあげたいと思うのは当然ですが、興信所に依頼するからには証拠をつかんで成功とさせなければ意味がありません。

費用をケチって時間を短くしたり調査人数を1人だけにしてしまっては、結局、証拠も取れずに経費や着手金がムダな出費となってしまう可能性もあります。調査人数を2人にして、十分な調査時間をかけた場合、最低でも50万円は見ておく必要があることを理解しておきましょう。

自分でできる範囲での事前調査をしっかりと行い、データとお金の準備を万全にしてから興信所のドアを叩きましょう。興信所もたくさんありますので、信頼できる優良な事務所を前もって探しておくと良いですね。

関連記事

浮気を実家に報告すべきか?

旦那の浮気は実家に報告するべき? 報告はおすすめしません。

プロの探偵による浮気調査の方法

興信所の浮気調査、コレがプロの調査方法だ!

浮気調査を依頼する探偵の選び方

浮気調査を依頼したい探偵の選び方。チェックポイントをご紹介

浮気が原因で離婚。慰謝料はいくら?

旦那の浮気で離婚、慰謝料はいくら取れる? 知らないと損する相場の話

浮気を辞めさせる方法

旦那の浮気を辞めさせる賢い4つの方法